【観劇記録】オペラ座の怪人 6回目

観劇記録 2017年08月08日(火) 13:30 KATT横浜 2階サイドA席 AL1列14番 オペラ座の怪人を観てきた。
_20170808_katt_2aal114
オーケストラピットもあるし、A席サイド席が面白いのではないかと思って予約したけど、手すりが邪魔で下手側(客席から見て舞台の左側)の演技がほとんど見えなかった。
あの席はいかんね。
全体的に、席のせいか役者さんのせいかわからないけれど、今回は台詞を聞き取れない部分が多かった。専用劇場ではないからかな。いつもより一体感に欠ける気がする。
きっと座った席のせいだろう。。。個人的には不完全燃焼だった。
次回ノートルダムの鐘を観るなら、1階の6列目あたりが良さそうだ。
印象に残ったところだけざっと書くとこんな感じ。
・前回の河村カルロッタは可愛らしくてどこか憎めない印象があったけれど、今回はヒステリック色が強くなっていて面白かった。
・松尾メグジリーはとても輝いて見えた。素敵な声をしていて、荒井メグジリーぐらいハマってる。メグジリーは台詞や歌がとても少ない役だけれども、料理のハーブやスパイスのようにとても大事な役。
・苫田クリスティーヌの演技が前回よりもだいぶ怪人寄りになっていて良かった。
具体的には、ザ ポイント オブ ノーリターンの序盤、声を聞いた時点で怪人と気付いたようなハッとする仕草があった。
あれで、怪人の仮面を剥いだ説明がつく。クリスティーヌはとても賢い。一度やって逆鱗に触れているのに、再びやるのはどうかと思っていた。
愚かなラウルにはクリスティーヌが怪人に連れ去られるのを嫌がっているように見えるけれど、クリスティーヌの歌は怪人に「どんな言葉も枯れ果てる世界に連れてきた。心を決めた。」と答えている。

あの状況でこれ以上、誰も傷つけない唯一の方法が、怪人の仮面を剥いで、故意に自分が怪人に連れ去られる事だったのだろう。
次に、ラウルが捕まったシーン。
前回は怪人にお願いポーズをして、ラウルの命乞いのためにキスをしたように見えていた。今回は「彼は関係ない。私たち2人の問題でしょ。」とでも言うようにクリスティーヌが怪人に迫って、返す言葉のない怪人が退いたり、良い演出だった。少なくとも、ちゃんと怪人を選んでキスをしたように見えた。
愚かなラウルは自分の命乞いのためにキスをしたように見えるかも知れないけれど。。。
自分には、クリスティーヌと怪人がお互いの幸せを願って別れる美しい物語に見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【視聴感想】君の名は

「君の名は」がAmazonビデオで配信開始された。なぜこれほどヒットしたのだろうか、気になって見てみた。
【見終えた感想】
映像は綺麗だし、アニメーションで実写映画のようなカメラワークを演出したり、日本文化の描写など、海外でもヒットした理由はわかった。その分、ストーリーの貧弱さ(後述)が目立ってしまって、映画好きには物足りなく感じるのではないかな。
お酒で例えるなら、ウィスキーを期待したのにワインを出されたような気分。
自分はどちらも楽しみ方がわかるから、ワインを出されたらお金も払うし、ちゃんと飲むけどね。人によっては「ワインなんて頼んでねぇよ!」ってなるかも。
以下、ネタばれがあるので、これから見ようと思う人は読まないで。
・主題がぼやけてる。
「誰でも時間や空間を超えて他の誰かと縁で繋がっている」という考え方は理解できる。
主人公2人の身体が入れ替わるのは「本人の願い」と「神様の仕業」という設定なのだろうけど、相手がその人でなければならない何か特別なものがあったのか、自分には全くわからなかった。「君の名は」というタイトルなのに、相手が誰でも良かったように見えてしまうのは、ストーリーの致命的な欠陥と思う。
・登場人物の心の成長があまり見られない。
ストーリーの始まりから終わりまで、8年間で何も成長していないように見えた。過去の不思議な出来事にとらわれすぎ。お互いちゃんとそれぞれの人生を生きているのがわかったら、相手の名前など知らなくても良いではないか。
・主人公たちによる違法行為があった。
大災害の直前に変電所を爆破したり、高校の放送室をジャックしたりするのはいかがなものかと思った。たとえ困難であっても、それが正しいと信じるなら、そんな卑怯な手段を使わず、正攻法でやるべきだ。
次回作でストーリー構成が改善されている事に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・ラ・ランド

2/24 ラ・ラ・ランド見てきた。
ミュージカル映画とか恋愛映画とされているけれども、ジャズの魅力がとてもよくわかる映画だった。
切ないラストに見える人がほとんどだろうけど、個人的には最高のハッピーエンドだと思う。互いに最愛の人が最高の人生を送っていて、それで言葉を交わさなくても心が通じている。
見終えた後、誰もが「音楽は言葉よりも心を伝える事ができる」と思うに違いない。
素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】ノートルダムの鐘 1回目

観劇記録 2017年01月02日 13:30 四季劇場[秋] ノートルダムの鐘を観てきた。

20170102_1330_1fs5_10_2

うまい表現が思いつかないけれど、そこが劇場ではなく、こことは別の現実の世界に引き込まれているような、素晴らしい舞台だった。
今までのディズニーミュージカルのようにディズニーのアニメ映画をただ舞台化したような作品を想像していた。ずっとずっと感動したし、深く考えさせられる。
何が人を人間にし、何が人を怪物にするのか。
未だに自信のもてる答が出ない。
誰の心の中にも人間と怪物が存在するのではないだろうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の道は自分で決めるべきだな

SMAPのファンではないけど解散騒動を見た所感。

「あの人がゆくんじゃわたしはゆかない あの人がゆくならわたしもゆく あの人あの人わたしはどっちのあの人か?」相田みつを
が脳裏に浮かんだ。

他人に左右されて自分の道を決めるのは、その責任を相手に押し付ける行為であり、義理に応える事にならないし、筋を通す事にもならない。

本来、どうあるべきなのだろう?

相田みつをの言葉に対するアンサーを書くと「あたしはどっちのあの人にもならず、あの人がゆこうがゆくまいが、たとえ独りでもあたしの道はわたしが決める」といった感じかな。

成功は誰のおかげでもないし、失敗は誰のせいでもない。幸せも不幸も全ては本人の努力次第。

自分の道は自分が決めるべきだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況

ガラケーdocomo+スマホ楽天SIMからスマホymobileに乗り換えた。
長電話をしたことがないから、10分×300回の無料通話があれば十分事足りる。

ココログのアプリも入れてみた。

これは試し書き。

なかなか快適だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007 スペクター

007 スペクター みてきた。007シリーズ自体をみるのが初めて。

アクションシーンはさすが規模が違う。最初から最後まで飽きずにハラハラドキドキしていたけど、痛々しいシーンがけっこう多かった。

ストーリーはちょっと薄っぺらいかな・・・そもそもこの手のアクション映画に重いストーリーを求めてはいけない。「助けた女性はとりあえず抱く」という展開で、一途である事を美しいとする純粋な物差しで見ていると誤解しそうだ。きっとハードボイルドってこういう事なのだろう。

男女の関係はいくらでも譲るけれど、友情とか約束とか礼儀とか…そういうところを一切譲らないところが格好良い。

相手が悪党であっても騙したり、卑怯な手を使ったりせず、正々堂々と真正面から挑んでいくところは騎士道の精神だろうか。

個人的にはミッションインポッシブルシリーズより007シリーズの方が好きだな。

余談、「ウォッカマティーニ、ダーティーで!」で出てきたカクテルが気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悟りを開きました

最近、煩わしい事の連続で心が疲れ気味。

どいつもこいつも、どれもこれも、何故そんな事で悩むのか理解し難い。

みんな、ありもしない選択肢をどこかから持ってきたり、他の選択肢で十分足りているのにさらに選択肢を探したり、人間は余計な事まで考える。

そもそも、人生は煩わしい事の連続なのかも知れないな・・・。

なんか悟りを開いた気分。

きっと、釈迦とかジーザスが「悟りを開きました」ってこんな感じで、コンビニが「おでん始めました」くらいのノリなんだろうな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内田けんじ

最近、内田けんじ監督の作品にハマってる。

といっても、「運命じゃない人」と「WEEK END BLUES」はシュールすぎて、素人にはお薦めできない。(ちなみにWEEK~の方はVHSから起こしたようで録音レベルが低すぎて大音量にしないと台詞が聞き取れないのが難・・・)

「鍵泥棒のメソッド」と「アフタースクール」が素人向け。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて何か作ろう

データベースにXMLを使ったプロジェクト管理プログラムをC++でフリーのWindowsプログラミング環境で作ってみようと思い、いろいろ試したがXercesのビルドに辿り着くまですごく大変だった。

ちなみにプラットフォームは Windows 7 の64bit。

どなたかの役に立つかわからないけど、覚え書き。とりあえず自己責任で、真似して何かあっても責任はとれません。

必要なソフト

  1. Dev-C++(コンパイラ無し)
    Dev-Cpp 5.11 No Compiler Setup.exe

    適当に、お好きなようにインストール。

  2. MinGW64
    mingw-w64-install.exe

    インストールパスに半角スペースがあると、後でやっかいなことになるので、半角スペースの無い箇所へインストール。インストールパスをC:\mingw64 としたら C:\mingw64\mingw64がルートになるけど、それでOK。

    そのままだと、gmake.exeがないので、C:\mingw64\mingw64\bin\mingw32-make.exeを同じフォルダにコピーしてgmake.exeへリネームすると後で便利。

    C:\mingw64\mingw64\binを環境変数のPATHに追加しておく。

  3. Msys単品
    external-binary-packagesのmsys+7za+wget+svn+git+mercurial+cvs-rev13.7z

    MinGW64のルートに展開すると、パスがC:\mingw64\mingw64\msysになる。
    C:\mingw64\mingw64\msys\etc\fstabでMinGW64を/mingwにマウントしておく。

    ↓こんな感じ
    #Win32_Path    Mount_Point
    C:\mingw64\mingw64    /mingw

    C:\mingw64\mingw64\msys\binを環境変数のPATHに追加しておく。
  4. Xerces
    xerces-c-3.1.2.zip

    ダウンロードして展開して、C:\mingw64\mingw64\msys\msys.batを起動する。
    展開したディレクトリに移動して、何もオプションを指定せず ./configure で、makeができた・・・気がする(うろ覚え)。makeすると数分かかってライブラリ生成完了。

とまあ、こんな感じ。なんか src の下に全部できた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«始まりは HelloWorld