ラ・ラ・ランド

2/24 ラ・ラ・ランド見てきた。
ミュージカル映画とか恋愛映画とされているけれども、ジャズの魅力がとてもよくわかる映画だった。
切ないラストに見える人がほとんどだろうけど、個人的には最高のハッピーエンドだと思う。互いに最愛の人が最高の人生を送っていて、それで言葉を交わさなくても心が通じている。
見終えた後、誰もが「音楽は言葉よりも心を伝える事ができる」と思うに違いない。
素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】ノートルダムの鐘 1回目

観劇記録 2017年01月02日 13:30 四季劇場[秋] ノートルダムの鐘を観てきた。

20170102_1330_1fs5_10_2

うまい表現が思いつかないけれど、そこが劇場ではなく、こことは別の現実の世界に引き込まれているような、素晴らしい舞台だった。
今までのディズニーミュージカルのようにディズニーのアニメ映画をただ舞台化したような作品を想像していた。ずっとずっと感動したし、深く考えさせられる。
何が人を人間にし、何が人を怪物にするのか。
未だに自信のもてる答が出ない。
誰の心の中にも人間と怪物が存在するのではないだろうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の道は自分で決めるべきだな

SMAPのファンではないけど解散騒動を見た所感。

「あの人がゆくんじゃわたしはゆかない あの人がゆくならわたしもゆく あの人あの人わたしはどっちのあの人か?」相田みつを
が脳裏に浮かんだ。

他人に左右されて自分の道を決めるのは、その責任を相手に押し付ける行為であり、義理に応える事にならないし、筋を通す事にもならない。

本来、どうあるべきなのだろう?

相田みつをの言葉に対するアンサーを書くと「あたしはどっちのあの人にもならず、あの人がゆこうがゆくまいが、たとえ独りでもあたしの道はわたしが決める」といった感じかな。

成功は誰のおかげでもないし、失敗は誰のせいでもない。幸せも不幸も全ては本人の努力次第。

自分の道は自分が決めるべきだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況

ガラケーdocomo+スマホ楽天SIMからスマホymobileに乗り換えた。
長電話をしたことがないから、10分×300回の無料通話があれば十分事足りる。

ココログのアプリも入れてみた。

これは試し書き。

なかなか快適だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007 スペクター

007 スペクター みてきた。007シリーズ自体をみるのが初めて。

アクションシーンはさすが規模が違う。最初から最後まで飽きずにハラハラドキドキしていたけど、痛々しいシーンがけっこう多かった。

ストーリーはちょっと薄っぺらいかな・・・そもそもこの手のアクション映画に重いストーリーを求めてはいけない。「助けた女性はとりあえず抱く」という展開で、一途である事を美しいとする純粋な物差しで見ていると誤解しそうだ。きっとハードボイルドってこういう事なのだろう。

男女の関係はいくらでも譲るけれど、友情とか約束とか礼儀とか…そういうところを一切譲らないところが格好良い。

相手が悪党であっても騙したり、卑怯な手を使ったりせず、正々堂々と真正面から挑んでいくところは騎士道の精神だろうか。

個人的にはミッションインポッシブルシリーズより007シリーズの方が好きだな。

余談、「ウォッカマティーニ、ダーティーで!」で出てきたカクテルが気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悟りを開きました

最近、煩わしい事の連続で心が疲れ気味。

どいつもこいつも、どれもこれも、何故そんな事で悩むのか理解し難い。

みんな、ありもしない選択肢をどこかから持ってきたり、他の選択肢で十分足りているのにさらに選択肢を探したり、人間は余計な事まで考える。

そもそも、人生は煩わしい事の連続なのかも知れないな・・・。

なんか悟りを開いた気分。

きっと、釈迦とかジーザスが「悟りを開きました」ってこんな感じで、コンビニが「おでん始めました」くらいのノリなんだろうな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内田けんじ

最近、内田けんじ監督の作品にハマってる。

といっても、「運命じゃない人」と「WEEK END BLUES」はシュールすぎて、素人にはお薦めできない。(ちなみにWEEK~の方はVHSから起こしたようで録音レベルが低すぎて大音量にしないと台詞が聞き取れないのが難・・・)

「鍵泥棒のメソッド」と「アフタースクール」が素人向け。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて何か作ろう

データベースにXMLを使ったプロジェクト管理プログラムをC++でフリーのWindowsプログラミング環境で作ってみようと思い、いろいろ試したがXercesのビルドに辿り着くまですごく大変だった。

ちなみにプラットフォームは Windows 7 の64bit。

どなたかの役に立つかわからないけど、覚え書き。とりあえず自己責任で、真似して何かあっても責任はとれません。

必要なソフト

  1. Dev-C++(コンパイラ無し)
    Dev-Cpp 5.11 No Compiler Setup.exe

    適当に、お好きなようにインストール。

  2. MinGW64
    mingw-w64-install.exe

    インストールパスに半角スペースがあると、後でやっかいなことになるので、半角スペースの無い箇所へインストール。インストールパスをC:\mingw64 としたら C:\mingw64\mingw64がルートになるけど、それでOK。

    そのままだと、gmake.exeがないので、C:\mingw64\mingw64\bin\mingw32-make.exeを同じフォルダにコピーしてgmake.exeへリネームすると後で便利。

    C:\mingw64\mingw64\binを環境変数のPATHに追加しておく。

  3. Msys単品
    external-binary-packagesのmsys+7za+wget+svn+git+mercurial+cvs-rev13.7z

    MinGW64のルートに展開すると、パスがC:\mingw64\mingw64\msysになる。
    C:\mingw64\mingw64\msys\etc\fstabでMinGW64を/mingwにマウントしておく。

    ↓こんな感じ
    #Win32_Path    Mount_Point
    C:\mingw64\mingw64    /mingw

    C:\mingw64\mingw64\msys\binを環境変数のPATHに追加しておく。
  4. Xerces
    xerces-c-3.1.2.zip

    ダウンロードして展開して、C:\mingw64\mingw64\msys\msys.batを起動する。
    展開したディレクトリに移動して、何もオプションを指定せず ./configure で、makeができた・・・気がする(うろ覚え)。makeすると数分かかってライブラリ生成完了。

とまあ、こんな感じ。なんか src の下に全部できた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始まりは HelloWorld

プログラミングの話題。

しばらくC言語に触れていなかったから、C言語のリハビリとC++の勉強中。C++の言語仕様は複雑でとても洗練されている。もっと早くC++を勉強していたら良かった。

JavaでもC++でも、どんなプログラム言語もはじめは Helloworld を標準出力に表示する最も単純なプログラムから地道にコツコツと習得して、全ての言語仕様を把握するまで、とてもとても長い道のりを歩く。今はやっと8割くらい歩いたかな。

設計したシステムや苦労して書いたプログラムがやっと意図したように動くようになったときの達成感や感動は、歳がいくつになっても変わらない。SEになって良かった。

初心に返って頑張ろう。

さて、何を作るか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ再開

しばらくサボっていたけど、書きたいことも溜まってきたしブログを再開することにした。
更新は週に1回くらいかな・・・

結婚、転勤・・・いろいろあって、4月から鎌倉に住んでる。職場まで徒歩&バスで15分くらい。

3~4月中はどこへ行っても桜が綺麗だったし、初夏の今は都内より3℃くらい涼しく、風もあって過ごし易い。夜は近くの川にホタルが飛んでいたり、朝は鶯とか野鳥の鳴き声で起きる。治安も良いし、ここ鎌倉は素敵なところだ。

とりあえず、近隣のお気に入りを見つけたのでリンク。
IMAGINATION COFFEE
珈琲豆専門店。ここで買ったら自宅で満足感のある珈琲を飲める。

POMPON CAKES
最近、近くに店舗ができたケーキ屋さん。すごく美味しい。
買ったら、出口の外までお見送り&お辞儀してくれた。店長さんかな。

TABLE and BAR 10
素敵な雰囲気のお店とマスター夫婦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«イミテーション・ゲーム