« ズサー c⌒っ゚Д゚)っ Cats 回転席 | トップページ | ブログサボり中… »

何事も原理原則に従う

「何事も原理原則に従う」

初めて参加したプロジェクトで口癖のように言っていた人がいたなぁ・・・
懐かしい言葉だ。

原理とは根本になるしくみだとか考え方。
例えば、「浮力は物体が押しのけた水の重さに等しい」とか「水分子は水素と酸素でできている」など。

原則とは人間の活動に対しての規則とか法則。
例えば、「トイレに行ったら必ず手を洗う」とか「遅刻したものはおいていく」など。


最近、システムの機能なんかを検討したり、他にもいろいろ会議に出たりするのだけど、毎度のように「何事も原理原則に従う」と思い出す。

たいていの人は、手段を検討している間に本来の目的が何であるか忘れる。あるいは目的がちゃんと決まっていないのに、手段の検討を始める。

「わざとやってるのか?」と問いたいくらい。

きっと、決まった手段を実施したら、目的が達成できたのか否かわからないね。実施した事だけに満足し、「こんな事をやりました」と上に報告する。


どうしたら会議が脱線しないか、いろいろと考えた。

「議論する対象は目的、手段、結果から成り立っている」これが原理。
「目的は一つでなければならない」これが原則。

目的がいくつもあると必ず会議が脱線するだけでなく、どれ一つ達成する事なく終わる。

こうしたい、ああしたい・・・いろいろと目的があるように思えるけれども、どれか一つを達成したら他はその結果でついてくる事が多い。もし目的を見誤ると本来の目的が達成できないどころか他の結果がついてこない。

幼稚な内容のようだけどね。

最近、もし会議が脱線したと思ったら、「目的は何でしたっけ?」と戻してみようと思う。
目的が曖昧なら、何もやらないのが一番いい。

|

« ズサー c⌒っ゚Д゚)っ Cats 回転席 | トップページ | ブログサボり中… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1223315/32167632

この記事へのトラックバック一覧です: 何事も原理原則に従う:

« ズサー c⌒っ゚Д゚)っ Cats 回転席 | トップページ | ブログサボり中… »