« 料理教室3回目終了 | トップページ | 【観劇記録】オペラ座の怪人 3回目 »

尼崎市長

『ユタと不思議な仲間たち』の尼崎公演があるらしい。

『ユタと不思議な仲間たち』尼崎公演に向け、俳優が尼崎市長を表敬訪問しました
http://www.shiki.jp/navi02/news/015985.html

尼崎市長って美人さんだな。スキがない・・・。苦手なタイプかも。
しかしながら尼崎市はけっこう住みやすい。

そんな話はどうでもよくて、ユタ観に行きたいけれど、今月は『オペラ座の怪人』と『夢から醒めた夢』を観るから我慢我慢。

『ユタと不思議な仲間たち』はけっこう面白い。原作が良いんだろうな。
「ざしきわらし」って飢饉で口減らしのために間引かれてしまった子供の幽霊がなる妖怪というか神様だな。命を粗末にしようとするユタが気になって姿を現す。

命の大切さとかいじめとか・・・いろんなテーマがあるのだけれど、しみったれた話でなくて笑うところがあって面白い。クルミ先生のシーンとか。

で、ラストの小夜子のちょー前向きな思想と演歌風な歌。

そうか・・・

東北弁+三木たかし=演歌

か。

そんなことを考えてたら、ふと、津軽海峡冬景色の歌詞が気になってしまった。

「北へ帰るカモメ見つめ泣いていました」ってところ。

カモメって越冬するために日本へ南下してくるのではなかろうか・・・。

津軽では冬にカモメが北へ渡るのかな・・・。

いやいや、本来なら南へ渡るはずなのに、一羽だけ北へ渡るカモメを見つけたから、自分と被らせたりカモメを哀れに思って「北へ帰るカモメ見つめ泣いていました」ということか。

つじつまは合うし、とても演歌っぽい。
そうだとしたらグレートな歌詞だな。深い。





歌詞を検索したら、北へ帰るのはカモメじゃなくて無口な人の群れだった…


カモメは連絡船に乗ってこごえそうにしているとか。



うーん、うろ覚えだな。


|

« 料理教室3回目終了 | トップページ | 【観劇記録】オペラ座の怪人 3回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1223315/42306896

この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎市長:

« 料理教室3回目終了 | トップページ | 【観劇記録】オペラ座の怪人 3回目 »