« ジキル&ハイド | トップページ | ルーター »

BARでの会話

昨日のHOOCHで、たまたま横に座った名前も肩書きも知らない男性客とマスターと会話をしていて、「付き合いで行ったスナックが楽しくなかった」とか「まあまあ楽しかった」とか・・・、まあそんな話になって、自分が普段考えている「楽しむ才能」について話した。

仕事でも観劇でもたばこでもお酒でも、楽しめるか否かは自分に「楽しむ才能」があるか否かだという話。

俺はたばこを吸わないし、何が楽しいのかわからないけど、それはたばこが悪いのではなくて、俺にはたばこを楽しむ才能が無いから。

俺はウィスキーを飲むし、何が楽しいのかわかる。それはウィスキーのおかげもあるけど、俺にはウィスキーを楽しむ才能があるから。

でも、世の中にはたばこもウィスキーも両方楽しめる人がいる。

ライブとか舞台もそう。これから先、もっと素敵なライブや舞台を何度も観てしまうと、今は楽しめているものが楽しめなくなるかもしれない。

でも、同じものをみた観客の中には、今と変わらず楽しめる人が必ずいる。

アーティストや役者さんが悪いのではなくて、自分にそれを楽しむ才能が無くなるからだ。

・・・

何か自分に問題がある事にはなかなか気がつかない。

なんてことを話した。

今思うと、お酒の席で面白くも無いちょっとまじめな話をしてしまったかな。

すんません。

|

« ジキル&ハイド | トップページ | ルーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1223315/43078329

この記事へのトラックバック一覧です: BARでの会話:

« ジキル&ハイド | トップページ | ルーター »