« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »

内田けんじ

最近、内田けんじ監督の作品にハマってる。

といっても、「運命じゃない人」と「WEEK END BLUES」はシュールすぎて、素人にはお薦めできない。(ちなみにWEEK~の方はVHSから起こしたようで録音レベルが低すぎて大音量にしないと台詞が聞き取れないのが難・・・)

「鍵泥棒のメソッド」と「アフタースクール」が素人向け。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて何か作ろう

データベースにXMLを使ったプロジェクト管理プログラムをC++でフリーのWindowsプログラミング環境で作ってみようと思い、いろいろ試したがXercesのビルドに辿り着くまですごく大変だった。

ちなみにプラットフォームは Windows 7 の64bit。

どなたかの役に立つかわからないけど、覚え書き。とりあえず自己責任で、真似して何かあっても責任はとれません。

必要なソフト

  1. Dev-C++(コンパイラ無し)
    Dev-Cpp 5.11 No Compiler Setup.exe

    適当に、お好きなようにインストール。

  2. MinGW64
    mingw-w64-install.exe

    インストールパスに半角スペースがあると、後でやっかいなことになるので、半角スペースの無い箇所へインストール。インストールパスをC:\mingw64 としたら C:\mingw64\mingw64がルートになるけど、それでOK。

    そのままだと、gmake.exeがないので、C:\mingw64\mingw64\bin\mingw32-make.exeを同じフォルダにコピーしてgmake.exeへリネームすると後で便利。

    C:\mingw64\mingw64\binを環境変数のPATHに追加しておく。

  3. Msys単品
    external-binary-packagesのmsys+7za+wget+svn+git+mercurial+cvs-rev13.7z

    MinGW64のルートに展開すると、パスがC:\mingw64\mingw64\msysになる。
    C:\mingw64\mingw64\msys\etc\fstabでMinGW64を/mingwにマウントしておく。

    ↓こんな感じ
    #Win32_Path    Mount_Point
    C:\mingw64\mingw64    /mingw

    C:\mingw64\mingw64\msys\binを環境変数のPATHに追加しておく。
  4. Xerces
    xerces-c-3.1.2.zip

    ダウンロードして展開して、C:\mingw64\mingw64\msys\msys.batを起動する。
    展開したディレクトリに移動して、何もオプションを指定せず ./configure で、makeができた・・・気がする(うろ覚え)。makeすると数分かかってライブラリ生成完了。

とまあ、こんな感じ。なんか src の下に全部できた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始まりは HelloWorld

プログラミングの話題。

しばらくC言語に触れていなかったから、C言語のリハビリとC++の勉強中。C++の言語仕様は複雑でとても洗練されている。もっと早くC++を勉強していたら良かった。

JavaでもC++でも、どんなプログラム言語もはじめは Helloworld を標準出力に表示する最も単純なプログラムから地道にコツコツと習得して、全ての言語仕様を把握するまで、とてもとても長い道のりを歩く。今はやっと8割くらい歩いたかな。

設計したシステムや苦労して書いたプログラムがやっと意図したように動くようになったときの達成感や感動は、歳がいくつになっても変わらない。SEになって良かった。

初心に返って頑張ろう。

さて、何を作るか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »