さて何か作ろう

データベースにXMLを使ったプロジェクト管理プログラムをC++でフリーのWindowsプログラミング環境で作ってみようと思い、いろいろ試したがXercesのビルドに辿り着くまですごく大変だった。

ちなみにプラットフォームは Windows 7 の64bit。

どなたかの役に立つかわからないけど、覚え書き。とりあえず自己責任で、真似して何かあっても責任はとれません。

必要なソフト

  1. Dev-C++(コンパイラ無し)
    Dev-Cpp 5.11 No Compiler Setup.exe

    適当に、お好きなようにインストール。

  2. MinGW64
    mingw-w64-install.exe

    インストールパスに半角スペースがあると、後でやっかいなことになるので、半角スペースの無い箇所へインストール。インストールパスをC:\mingw64 としたら C:\mingw64\mingw64がルートになるけど、それでOK。

    そのままだと、gmake.exeがないので、C:\mingw64\mingw64\bin\mingw32-make.exeを同じフォルダにコピーしてgmake.exeへリネームすると後で便利。

    C:\mingw64\mingw64\binを環境変数のPATHに追加しておく。

  3. Msys単品
    external-binary-packagesのmsys+7za+wget+svn+git+mercurial+cvs-rev13.7z

    MinGW64のルートに展開すると、パスがC:\mingw64\mingw64\msysになる。
    C:\mingw64\mingw64\msys\etc\fstabでMinGW64を/mingwにマウントしておく。

    ↓こんな感じ
    #Win32_Path    Mount_Point
    C:\mingw64\mingw64    /mingw

    C:\mingw64\mingw64\msys\binを環境変数のPATHに追加しておく。
  4. Xerces
    xerces-c-3.1.2.zip

    ダウンロードして展開して、C:\mingw64\mingw64\msys\msys.batを起動する。
    展開したディレクトリに移動して、何もオプションを指定せず ./configure で、makeができた・・・気がする(うろ覚え)。makeすると数分かかってライブラリ生成完了。

とまあ、こんな感じ。なんか src の下に全部できた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始まりは HelloWorld

プログラミングの話題。

しばらくC言語に触れていなかったから、C言語のリハビリとC++の勉強中。C++の言語仕様は複雑でとても洗練されている。もっと早くC++を勉強していたら良かった。

JavaでもC++でも、どんなプログラム言語もはじめは Helloworld を標準出力に表示する最も単純なプログラムから地道にコツコツと習得して、全ての言語仕様を把握するまで、とてもとても長い道のりを歩く。今はやっと8割くらい歩いたかな。

設計したシステムや苦労して書いたプログラムがやっと意図したように動くようになったときの達成感や感動は、歳がいくつになっても変わらない。SEになって良かった。

初心に返って頑張ろう。

さて、何を作るか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOOCH~STAIR~フリースタイルAQUOS

2012/06/29(金) 定時で仕事あがってHOOCHへ行った。
普段どおりかな。

他の常連さんと話して、けっこう飲んだ。

翌日、テレビが届くから終電で帰った・・・つもりが・・・大阪まで寝過ごしてしまって帰れないから、なんとなく久々に、BAR STAIRへ行ってみた。

年末ぶりかなぁ。坊主頭でもすぐわかってくれた。
坊主でこういち仲間だなぁ~。

元気そうだった。でも、ちょと疲れてたかな。

3時で閉めるそうで1杯だけ飲んで寝カフェ。始発で帰った。

また行こう。

2012/06/30(土)

始発で帰ってきて、昼ごろまで睡眠。良く寝た。

午後、フリースタイルAQUOSが届いた。

↓これ。一時的に \49,800に値下がりしたのだけど、翌日には戻ってた。



早速、パソコンとHDMIで繋いで「オペラ座の怪人25周年コンサート」BDを観賞した。
やっぱり画面でかい方がいいね。

Dscf0410

壁掛けキットもついていて、壁掛けにしたいのだけど、賃貸だからねぇ・・・。壁に穴あけられない。

そのうち、壁沿いに高さ1.5mくらいのホームエレクターを組んで、上から吊るそうかと考え中。

Dscf0411

これは上から見たところ。ほら、めっちゃ薄い。チューナーはアンテナ線のある寝室に置いてあって、画面だけ居間にある。後ろの支柱はスタンド用で、壁掛けのときには取り外せる。


Dscf0412

マウスサイズのリモコン。
余計なボタンがついてない。素晴らしい。

このテレビを設計したエンジニアはユーザのことをよく考えてるね。
全く説明書を読まず、直感で操作できた。

なかなか良い感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Phantom Of The Opera Playlist

Phantom Of  The Opera の Playlist みっけた
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA797EEE5713506BF

オペラ座の怪人は見る人によって何通りもの話に見える。

ちょいと自分なりの解釈を解説してみたりする。

冒頭のオークションのシーン(http://youtu.be/kYnYidhABgk)

既にクリスティーヌは亡くなっていて、ラウルが落札しようとするものは全てクリスティーヌに関わるものばかり、「ハンニバルのポスター」やら「猿のオルゴール」やら・・・

ラウルにとって「猿のオルゴール」はクリスティーヌと全く関係が無いはずなのに30フランも出して落札する。クリスティーヌが亡くなるまでずっ と、その猿のオルゴールの話をしていたということらしい。で、この「猿のオルゴール」についてはメグ・ジリーも競り合う。「ハンニバルのポスター」には全 く興味を示さなかったのに、さて何故だろう。

ラウルはそのオルゴールの音を聴くまでずっと、クリスティーヌが怪人にキスをしたのは、自分の命を救うためだと信じて生きてきた。きっとメグ・ジリーはラウルが傷つくのを知っていて、その曲を聴かせたくなかったのだろう。

そしてその曲が「マスカレード」。クリスティーヌは本心をラウルに話さず隠し通して死んでいったか、怪人を思い出しては怪人の作った曲を歌っていたのだろう。

これがわかるだけで、めちゃくちゃ美しい物語。
たとえ他の誰かを傷つけてでも、愛する2人が結ばれる方が、美しい物語かも知れないけれどね。

うーん、もっとあるけど、冒頭のシーンだけで1時間は語れる。

Think Of Me(http://youtu.be/XfTgCPUJwRk)


怪人の企みによって降板したカルロッタの代役としてクリスティーヌが歌う。劇中劇「ハンニバル」の1シーン。

歌詞は、「別れを告げた2人がいつまでもお互いを愛し合っていて、自分を忘れずに想っていて欲しい」というような内容。

このあたり、アンドリュー・ロイド・ウェバーは天才だ。

初めてこのシーンを見ると、その直後にラウルとの再会がある為、クリスティーヌはラウルの事を想って歌っていたように見えるけれど、この物語中で別れを告げるのは怪人とクリスティーヌだ。

何度も見ているうちに、「この劇中劇のシーンが本当のラストシーンなんじゃないかな?」と思えてくる。

怪人とクリスティーヌは物理的な距離が離れてしまっても、心はいつもそばにいる。

なんか素敵だな。

The Music Of The Night(http://youtu.be/77umP7IRxD4)


夜の闇は怪人の醜い容姿を隠して清い心を見せてくれる。ラウルと怪人の狭間で揺れ動くクリスティーヌを怪人の世界へ引き込む歌。

勘の良い人は、怪人を連想するものとラウルを連想するものは必ず何か対になっている事に気がつく。

怪人とラウル
闇と光
心と容姿
仮面と・・・

昼の光の中、醜い容姿を隠すものが仮面。では、夜の闇の中、醜い心を隠すものは何だろう?

答えはずっと先のシーン

The Point Of No Return(http://youtu.be/AyyCz9z1s_M)

劇中劇「ドンファンの勝利」

この中のクリスティーヌの歌詞

You have brought me to that moment where words run dry, to that moment where speech disappears into silence, silence...

あなたは、どんな言葉も枯れ果て会話が消え去り静寂となる瞬間を私にもたらした。みたいな意味かな。

夜の闇の中、醜い心を隠すものは「言葉」だということがわかる。

ところで、このシーン、クリスティーヌは初めて怪人の仮面を剥いだときあれだけ後悔しているのに、なぜか怪人の仮面を再び剥ぐ。

まるで「化け物」に連れ去られたように見える。クリスティーヌと怪人はとても賢い。

ラウルを傷つけず、怪人のもとへ行くにはそうする他ない。クリスティーヌは歌う前、ちゃんと「私が歌ったらきっと連れ去られる。連れ去られたら二度と戻ってこれない。」と宣言している。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

システムアーキテクト

たまには仕事の事を書いてみる。

今の職場の事とかプロジェクトの事は情報セキュリティ上、ブログには書けないから、資格の話。

いろいろとあって、いつ会社がどうなっても自分だけは食っていけるように、そろそろシステムアーキテクトを真面目に受験する。社長ももう歳だしなぁ・・・。

システムアーキテクトはけっこうな難関資格で、会社が潰れてもこの資格があれば今の年収を下げずに(というか+で)再就職できる。

で、参考書とかAmazonで発注した。来週届く。合格論文の書き方だけで十分だとは思うけど、念のため参考書と過去問解説も発注した。


俺のように客先へ出向・派遣で契約されてシステム開発をしているSEは、小論文のお金関係の項目(システムの開発規模など)が全く書けないのだけれど、「わからない」を選択した時点で読まれないし、絶対に合格しないらしい。

そりゃそうだ。

そんなSEにプロジェクトリーダーやらサブリーダーを任せる奴はいないよな。。。。
資格がもらえるのがおかしい。

安心して仕事を任せられるようなそんなSEになりたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X≠'A'・'B'

今日も悩ましいソースコードに出くわした。

実際のソースはもっと複雑だけど、秘密情報になるから、技術的な面での例を書くと

ソースは↓こんな感じ。

IF X NOT = 'A' AND 'B'
       処理するソースコード

仕様書を見ると↓こんな感じ

X≠'A'・'B' のとき 処理する

・は普通、論理積(AND)の記号だから・・・
うーん、仕様書どおり・・・

いやいや・・・

仕様書を書いた人はたぶん、Xが'A'でも'B'でもないときって書きたかったんだろう。

どうやらCOBOLは論理式を省略できるみたいで、

IF X = 'A' AND X = 'B'

と書いても

IF X = 'A' AND  'B'

と書いても等価のようだ。

で、NOT はその打消しの意味だから、

IF X NOT = 'A' AND  'B'
     処理する

は、どんな場合でも必ず処理してしまうんだね。。。
一つの変数が同時に2つの値をとる事はないから。

で、設計した人が意図していたソースはたぶん

IF X NOT = 'A' AND X NOT = 'B'
     処理する

もしくは

IF X NOT = 'A' OR  'B'
     処理する

だろう。。。AとBの論理和以外ってことだ。

ド・モルガンの定理

NOT(A) ∩NOT(B) = NOT(A∪B)

だっけ・・・

論理積と論理和の差し替えができる。

ちなみに、コーディングした人を確認したら俺だった(^^;)
時間に追われて機械的に仕様書に書いてある通りにコーディングしたからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道のりと速さと時間

人間の歩行速度はだいたい時速4km、4時間前に24kmの道を歩き始めたのだけど、今はまだスタートから12km地点だとしたら、ゴールにたどり着くまであと何時間かかるかね。

中間地点まで4時間かかったのだから、すぐにあと4時間かかることがわかる。

でも、応用力のない人は、こんな時間の引き算をする。

計画では6時間だから、4時間を引いて、あと2時間とか・・・

いやいや・・・
現在地までの速さを計算しなおして、残りの道のりを割らなきゃいかんよね。

「え~、そんな間違えすぐに気がつくだろ!」と思うかもしれないけれど、例が「道のり」、「速さ」、「時間」で、しかもわかりやすい数字だからだね。

例えば、プロジェクト管理だとどうだろう。

「道のり」ってなんだろう。

成果物(納品物)の量かな。

「時間」ってなんだろう。

工数かな。

「速さ」ってなんだろう。

計画の段階では標準作業時間だけれど、仕掛かりになったら工数を成果物の単位で割ったものの平均で出す方がいいね。

小学生の算数レベルなんだけどなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩飯

半月で50時間も時間外すると、新しく何かレシピ探して作る気力がなくなるね。
また肉じゃがと鶏照り焼き
4134190_1386241970_207large

手際も良くなったし、時間の使い方も上手くなってきたし、レミパンとコンロ2つ使ってみた。

いつも平日は弁当用に作りおきできるものしか食えないから、せっかくの土日は「温かいうちに食べる」がテーマ。

ついでに、揃え中のキッチングッズのアフィリエイト。Amazonで「キッチン オレンジ」とか色で検索したらけっこうお気に入りなのが出てくる。

暖色系(赤とか黄)の色は食欲を増進するのと料理を楽しくする効果がある。寒色系(青とか紫)はその逆。俺がこのままずっと自炊を続けるには、使い勝手や機能よりも、食欲と楽しさが重要だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

標準COBOL

標準COBOL


Amazonレビューも書いたから転記
---ここから----------------------------------
業務でCOBOLを扱うから、一昨日発注して、今朝届いた。
まずそこらへんの本屋の棚にはCOBOLの本なんて並んでないからね・・・。

思っていた以上に分厚い。471ページ。
B5のネットブック(PC)よりちょっと厚いくらいかな。
その代わり、耳の部分っていうのかな。単元毎にインデックスはついているし、1ページあたりの文字数が少なくゆとりはある。よくある2色刷りとか3色刷りではなくて、グレースケールで体裁も見やすい。

他の本にしなくて良かった。

どんな単元も「この命令のそんなオプションは絶対に使わないだろう」と思うところまで細かく載っている。UNIXでmanコマンドを打ったらオンラインマニュアル出てくるでしょ。あれみたいな感じ。

だから、この本に載っている必要な部分だけを自分で抽出して応用できる人にはすごく向いている。そういう人を理工系と呼ぶなら、理工系向けだな。

始めから終わりまでひとつひとつ読む人には向いていないかな。読んだだけで頭に入ったと思ってしまうタイプとか書いてあることを全部覚えないと気がすまないタイプの人。いるよね。もしかしたら、そのタイプの人には必要な事だけを書いてある他の本の方が良いかもしれない。

しかし、これからCOBOLを覚えるような人は他人の書いたプログラムを保守しなければならないから、「自分がコーディングできれば良い」というレベルではいけないな。

他人が書いたソースを見て、わからない字句とかコードが出てきたら、この本があった方が良いね。非常に助かる。

値段相応でまあまあだから星4つ。       
---ここまで----------------------------------

仕事で必要なのだけど、こういう図書はいつも自腹で買う。
理由は、極端な話、会社が潰れても本は自分の手元に残るから。
※IT関係の会社がたちまち潰れる事はけっこうあり得る。うちの会社の場合、情報漏洩事故を出した時点で潰れるかもな。。。

何もかも会社が用意してくれて飼いならされたペットのようなSEにはなりたくないし、それに、会社の経営状態とか会社の将来とか社長からの期待とか・・・俺にとってはほんとどうでも良いのだよね。

会社も俺で駄目なら俺を解雇して他のSEを探せば良い。俺はSEという職に拘らないし、いくらでも仕事を探せる。物創りできる仕事には就きたいけどね。

顧客は俺の技術向上に金を払う必要は無いし、会社や俺の都合なんて知った事ではないから、俺で駄目ならいくらでも他の会社のSEとチェンジすれば良い。

俺は俺、会社は会社、顧客は顧客。

無責任な訳ではなくて、線引きがはっきりしている。
むしろ、「俺で駄目なら他のSEではもっと駄目だろう」くらいな気持ち。

これは個人的な思想で他人に押しつける気はないけれども、SEにとってプログラミング本やプロジェクト管理のノウハウは数ある商売道具のうちのひとつに過ぎなくて、SEには「自分が開発する(している)システム(プログラム)はどんな目的のものなのか」を考えて、「その為にはどんな手段があるのか」を選んで、脱線しないでゴールに進む力が必要だと思う。知識が少なかったら本来なら(他のSEだったら)選べるはずの手段が選べなくなる(手段が減る)。だから自腹で本を買う。

COBOLのプログラムなんてどうでも良くて、今の資産を全てPL/SQLやC言語やJavaで作り直す手段もあったけれど、自分でCOBOLを覚えて改造する手段を選択した。

あれは正しい判断だったと思える日が来ますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ障害

ココログにアクセス解析の機能があるのだけど、18日以降、このブログのアクセス件数が0件になっていた。

あまり気にしていなかったけれど、障害らしい。

障害が発生してしまうのはある程度仕方ないけれど、ログを収集する機能が動作していないのに、ログを収集する機能が動作した結果が0件であるかのような表示をしてしまうところはどうにかならんかね。

こんなブログでも1日数件~数十件はアクセスがあるのだけど、まるでログを収集した結果が0件のように表示されるから、もう見放されたかと思ったよ。

ところで今日は、アマゾンで発注していたものとか買い物して配送依頼したものが一気に届いて、朝から組み立てとか受け取りで忙しい。

炊飯器、食器棚、シンク上のステンレスかご、ホームエレクターの部品、物干し台、カーペット・・・

アフィリエイト記事を自分で書いて、そのリンクをクリックして直接購入しているから、自分で購入しているにも関わらずいくらか紹介料が入る。紹介記事のヒットする確率で紹介料率が決まるのだけど、自分で書いて自分で買ってるから18%くらいまで上がった。

アマゾンは高いものもあるけど、物によっては安いから、店頭で製品コードと価格を見て、メモっておく事にした。

いまのところ家電はとても安い気がする。金額に応じて配送無料になるし、数千円~数万円単位で違う。

展示スペースが要らないし、提携企業なら工場から直送だからかな。中間にかかる輸送費、収納場所、人件費を考えると、家電量販店は絶対に勝てないね。

テレビなんか安いんじゃないかな。

お店で実物を見てみないと心配とか保証や修理がどうなるのか心配という人もいるだろうけど、どこで買っても製品コードもメーカー保証は変わらないし、家電量販店の延長保証を使うくらいならその時の最新家電に買い換えた方が良いよ。

3~4年前には20万円代だった大型テレビが今はそれより機能がついて5~6万円だからねぇ。。。

さて、食器棚が届いたし、組み立てるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧