【観劇記録】オペラ座の怪人 6回目

観劇記録 2017年08月08日(火) 13:30 KATT横浜 2階サイドA席 AL1列14番 オペラ座の怪人を観てきた。
_20170808_katt_2aal114
オーケストラピットもあるし、A席サイド席が面白いのではないかと思って予約したけど、手すりが邪魔で下手側(客席から見て舞台の左側)の演技がほとんど見えなかった。
あの席はいかんね。
全体的に、席のせいか役者さんのせいかわからないけれど、今回は台詞を聞き取れない部分が多かった。専用劇場ではないからかな。いつもより一体感に欠ける気がする。
きっと座った席のせいだろう。。。個人的には不完全燃焼だった。
次回ノートルダムの鐘を観るなら、1階の6列目あたりが良さそうだ。
印象に残ったところだけざっと書くとこんな感じ。
・前回の河村カルロッタは可愛らしくてどこか憎めない印象があったけれど、今回はヒステリック色が強くなっていて面白かった。
・松尾メグジリーはとても輝いて見えた。素敵な声をしていて、荒井メグジリーぐらいハマってる。メグジリーは台詞や歌がとても少ない役だけれども、料理のハーブやスパイスのようにとても大事な役。
・苫田クリスティーヌの演技が前回よりもだいぶ怪人寄りになっていて良かった。
具体的には、ザ ポイント オブ ノーリターンの序盤、声を聞いた時点で怪人と気付いたようなハッとする仕草があった。
あれで、怪人の仮面を剥いだ説明がつく。クリスティーヌはとても賢い。一度やって逆鱗に触れているのに、再びやるのはどうかと思っていた。
愚かなラウルにはクリスティーヌが怪人に連れ去られるのを嫌がっているように見えるけれど、クリスティーヌの歌は怪人に「どんな言葉も枯れ果てる世界に連れてきた。心を決めた。」と答えている。

あの状況でこれ以上、誰も傷つけない唯一の方法が、怪人の仮面を剥いで、故意に自分が怪人に連れ去られる事だったのだろう。
次に、ラウルが捕まったシーン。
前回は怪人にお願いポーズをして、ラウルの命乞いのためにキスをしたように見えていた。今回は「彼は関係ない。私たち2人の問題でしょ。」とでも言うようにクリスティーヌが怪人に迫って、返す言葉のない怪人が退いたり、良い演出だった。少なくとも、ちゃんと怪人を選んでキスをしたように見えた。
愚かなラウルは自分の命乞いのためにキスをしたように見えるかも知れないけれど。。。
自分には、クリスティーヌと怪人がお互いの幸せを願って別れる美しい物語に見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】ノートルダムの鐘 1回目

観劇記録 2017年01月02日 13:30 四季劇場[秋] ノートルダムの鐘を観てきた。

20170102_1330_1fs5_10_2

うまい表現が思いつかないけれど、そこが劇場ではなく、こことは別の現実の世界に引き込まれているような、素晴らしい舞台だった。
今までのディズニーミュージカルのようにディズニーのアニメ映画をただ舞台化したような作品を想像していた。ずっとずっと感動したし、深く考えさせられる。
何が人を人間にし、何が人を怪物にするのか。
未だに自信のもてる答が出ない。
誰の心の中にも人間と怪物が存在するのではないだろうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】クレイジー・フォー・ユー 5回目初日

2015/02/22(土) 13:00 クレイジー・フォー・ユー 四季劇場[秋] 1階S席15列22番
10006967_784514448305051_5994467135

全体的には新鮮なクレイジー・フォー・ユーで良い舞台だった。個人的には一番好きなボビーとポリー。

やっぱり、一番盛り上がる I got rhythm よりも stiff upper lip の方が主題で大事だね。

コメディ色を強くしすぎると主題の“情熱”が薄れてしまうし、今回は主題の情熱の強いキャスティングだと思う。

何度も観たいけれど、節約中で行けない(TT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン 6回目

2013/12/01(日) 13:00 ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン 千秋楽 自由劇場 1階S席11列16番

Img_20131201_145712 

観劇からしばらく経ってしまったけど、観劇記録。

今でも高井治のカヤパ(ローマの大祭司)の強烈な印象が残ってる。

あのカヤパだったら俺がユダヤ人の立場であってもジーザスに背を向ける。

ピラト(ローマ総督)が法律上は死刑にできないジーザスを群衆の怒りに押されてやむを得ず死刑にするというのも納得。

村俊英がピラトならジーザスを死刑にできるのは高井治のカヤパだけだな。

・・・

あの2人が同じ舞台に立つ事自体が貴重だなぁ・・・。

素晴らしい舞台だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】ライオンキング 3回目

ちょっと遅れたけど観劇記録
2013/10/11(金) 13:00 四季劇場[春] 2階C席J列33番 ライオンキング

Dscf0442

知人の定年退職お疲れ様会へ出席する為、夜行バスで東京へ。
開始まで時間があったから当日券でライオンキング観てきた。

リトルマーメイドの影響か、空席が目立っていたけど、舞台は良かった。満足。
気が向いたときに3,000円でこれが見られる環境は幸せだ。

全体的に良かったけど、印象的だったところだけ書いておくかな。

野中万寿夫のスカーは悪役のお手本みたいなスカーだった。役者さん本人の持ち味を楽しめて良いな。小松加奈のナラは少し可愛いところが残ってる感じ。ちょっと猫寄り。
松本昌子のシェンジはやっぱり歌上手いな。アイーダのネヘブカやってるときから思ってるけど、飛びぬけて歌が上手い。

ヤングシンバ、ヤングナラは初めから終わりまでブレがなくて良かった。
また観ようかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】劇団四季ソング&ダンス 60 ~感謝の花束~ 1回目

2013/09/10(火) 18:30 劇団四季ソング&ダンス 60 ~感謝の花束~ 神戸国際会館 こくさいホール 1階S席4列24番

Save0048

ブログ書くの遅くなった。友達6人で観てきた。

55Stepsのときの泉春花がいなくなってちょっと寂しいな。高くなげたバトンをキャッチしてスポットライトが消え終幕する演出がすごく格好よかった。

今回は、あんな特殊技能を持った人がいないけれど、「狂信者シモン」とか「アンダーザシー」とか選曲も良かったし、夢醒め暴走族ナンバーのダンスが格好良かった。

また大阪公演観ようかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】丸美屋食品ミュージカル Annie 1回目

2013/08/13 15:30 丸美屋食品ミュージカル Annie 梅田芸術劇場 シアタードラマシティ 24列30番
http://www.ntv.co.jp/annie/

Img_20130813_144659

観てきた。

乱暴な説明をすると、クリスマスの夜、両親を失い貧民街の孤児から大富豪になった男ウォーバックスが、ニューヨークシティーの豪邸に、いつか両親が迎にくると信じている前向きな孤児アニーを招く話。

ウォーバックスは富も名声も手に入れて幸せのようだけれども、何かが足らない事に気づく。
そこが主題かな。ある意味、主役はウォーバックスで、物語の中で一番成長するのも彼だった。

劇中劇とかすごいけど主題とは無関係で要らないな~と思うシーンもあったけど、アニーがルーズベルト大統領に影響を与えているような演出は時代背景がわかって面白かった。

確かに「明日になればきっと良い事がある」って歌ってみたら、脳が勘違いしてなんでも良い事になるかもね。トゥモロー♪トゥモロー♪が頭から離れない。

あと、ラスト10分くらいだろうか。 脚本、素晴らしい。

ウォーバックスはアニーが深く悲しむような真実を話さなければならない事に悩んでいるのだけれど、アニーを手放す事を悩んでいるように見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】4STARS 大阪公演

2013/06/29(土) 14:00 4STARS 梅田芸術劇場メインホール 2階3列45番


最近、あまりブログ書いてない。

仕事で摩耗しきった心を、観劇とか野球観戦とかお酒とかで回復させながら、なんとかやってる。6月末に東京の知人に顔出そうかと思っていたけど、自分の健康のためと経済的にやめておいた。

で、4STARS めちゃくちゃ良かった。感動で心と身体が一気に全快。

ディズニーのアラジンは観た事ないけど、 A Whole New World の4重唱で世界に引き込まれてしまった。オリジナルの Lea Salonga の声がそりゃもうクリアなことクリアなこと。

また生で聴けたらいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】ライオンキング 2回目

2013/05/05(日) 13:00 大阪四季劇場 ライオンキング 1階S席C列10番
4134190_1936489366_168large

最前列でパーカッションの西尾和子さんの真正面だった。
大阪ライオンキングはオーケストラ無いんだね。ちょっと残念。

ティモンとプンバは関西弁の方がキャラクター設定と合ってたのと、後ろの席の人がハイエナの登場のときに「ガゥっ!」とか構われて、「きゃっ!」と悲鳴あげてたのが面白かった。

休憩中、吉田夏子のシェンジが良い声だな~なんて言ってたら、カーテンコールでパペットをとったときハイエナ化粧をしていてもわかるくらい可愛かった。。舞台の出来とは関係ないか・・・。

南晶人のシンバがとても良かった。過去から逃げるか過去から学ぶか主題を観客に考えさせる感じ。子供の日で子連れ客も大勢いたけれど、どの子もみんなずっと静かに観てた。きっと伝わったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【観劇記録】オペラ座の怪人 4回目

2013/04/07(日) 13:00 四季劇場[海] 2階S席2列27番 オペラ座の怪人
4134190_1936443397_24large
だいぶ時間が経ってしまったけど観劇記録

印象に残っているところだけかいつまんで感想。

河村彩のカルロッタが憎めない感じの可愛らしいカルロッタで斬新だった。
ぜひまた観たい。

高井治の怪人は3度目。
クライマックスのクリスティーヌとのキスシーンで腕プルプル演技してた。名古屋で観た佐野正幸の怪人もやっていたけどどうなんだろ。

先天的奇形で生まれて50年間ずっとコンプレックスを抱えながら孤独でいた天才が、初めてキスをされたときのリアクション。抱きしめ返してもおかしい気がするけれど・・・なんか違和感があった。

人間の手が無意識に震えるのは、恐怖か武者震いかどちらかだね。

恐怖だとするとクリスティーヌを奪われたことに対してかな。クリスティーヌが心の底から怪人を愛する決心をして怪人にキスをするシーンなのだけど、怪人にはクリスティーヌがラウルの命を救う為にやむを得ず不細工な自分にキスをしたように見えたということになる。

そういえば、苫田亜沙子のクリスティーヌも「お願いラウルを殺さないで」ってポーズしてた。
ちなみに前回見た笠松はるのクリスティーヌもやってた。

乱暴な言い方だと、クリスティーヌの愛が怪人に届かず怪人がいじけてしまうとっても切ない話に見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧